主要コンテンツにジャンプする

玉山国家公園商標

Menu
玉山群峰線

マボラス横断ルート

コース紹介

本ルートは非常に難度の高い登山道で、台湾百岳の「四大難関」の1つにも数えられています。南投の東埔登山口から花蓮の玉里林道玉林橋までの全長約96.3キロで、玉山国家公園の北東端までを横断します。中央山脈の尾根に沿って進み、園内の東部、北部の各山を越えます。道中の豊かな地形が織りなす景観は最高で、また高く険しく、さらに断崖が広がる尾根の山道は非常に挑戦的です。登山ルートは整備されていますが、山道状況はよくありません。万全な装備、十分な体力と忍耐力、豊富な登山知識を備えた登山者向けのルートです。


本ルートは中央山脈の尾根に沿って進み、中央山脈で1番高い秀姑巒山と2番目に高い馬博拉斯山を通過します。中央山脈は地殻に強い応力が加わったため、地形が激しくねじ曲がり、多くの険しい断崖絶壁が形成されました。馬博拉斯山から馬利亜文路山までは烏拉孟断崖を通らなければならず、馬利加南山付近にはさらに危険な崖が多く存在します。西の馬利亜文路断崖、馬利加南東峰から馬布谷間の塔比拉断崖など、断崖地形の光景が広がります。また、馬布谷および太平谷は平坦で広々としており、一面に緑の草が生い茂り、両側には深い緑色の木々が立ち並びます。これは台湾の高山では珍しい幽谷です。 

基本情報
步道路程 96.3キロ 所需時間 8日
入園申請 はい,事前の申請が必要です。 申請に進む 入山申請 はい 申請に進む
開放状態

閉じる

馬博拉斯横断線(全行程)
テーマ別
Loading...

行程表

5.5キロ,約花費 3時間50分

  • 東埔登山口

    3時間50分
  • 楽楽ロッジ

折り畳む